年鑑日本の空間デザイン2021

TOP > POP・ディスプレイ・エキシビジョン > 年鑑日本の空間デザイン2021

「空間デザイン」のいまを伝える唯一の年鑑
 ディスプレイ・サイン・商環境

『年鑑日本の空間デザイン』は、過去1年間の優れた空間デザインを総覧できる書籍として1973年に創刊され、本書で48冊目となります。
今年度版はDSA(日本空間デザイン協会)とJCD(日本商環境デザイン協会)によるアワード「日本空間デザイン賞」の122作品と、 SDA (日本サインデザイン協会)による「日本サインデザイン賞」の151作品で構成されています。
エキシビション、商空間、ショーウインドウ、オフィス、サインなど、さまざまな分野の空間デザインを一同に収録。
超高層ビルの屋上に広がるパブリックスペースを実現した「渋谷スカイ」、つながる暮らしをテーマとした環境回復型土地開発「深大寺ガーデン レストランMaruta」、震災被害を受けた熊本城の復旧過程を見学できる「熊本城特別見学通路」、再開発が進む渋谷で区、事業者、自治体が連携した「駅、街をつなぐ“渋谷サイン”プロジェクト」等、いま必要とされる空間デザインを読み解ける一冊です。

商品サイズA4変判 セミハード P408 (2021年2月発売)

在庫状況

型番 100100
販売価格 27,500円(本体25,000円、税2,500円)
購入数

在庫あり  僅少在庫  取り寄せ可能  バックオーダー  ×売り切れ
在庫表記について

この書籍の中ページ

画像をクリックしていただくと拡大画像がご覧になれます。

上へ