ADC年鑑2018(12月21日発売)

TOP > グラフィック デザイン > ADC年鑑2018(12月21日発売)

ADC賞2018、グランプリは大貫卓也作品集、会員賞は新しい地図が受賞

東京アートディレクターズクラブによる2018年度ADC賞が発表となった。本年度は7904作品の中から、グランプリ、会員賞、原弘賞ほか、ADC賞10作品が選出された。本年度のグランプリは、大貫卓也さんの作品集「Advertising is」(グラフィック社)。大貫さんの25年振りの作品集で、束幅8センチにも及ぶカラー1504ページに5000点を超える図版などが掲載され、話題を集めたものである。

例年、ADC賞展は7月に開催されていたが、今年は10月29日からの開催となる。また、本年度より、『ADC年鑑』が『日本のアートディレクション』という名称に変更になる。年鑑は、大貫卓也、葛西薫、河合雄流、菊地敦己、中島祥文、服部一成からなる年鑑編集委員会により制作される。年鑑発行は12月末、
商品サイズB4変判 ケース入り P320 (2018年12月発売)

在庫状況

型番 531183
販売価格 23,220円(本体21,500円、税1,720円)
購入数

在庫あり  僅少在庫  取り寄せ可能  バックオーダー  ×売り切れ
在庫表記について

この書籍の中ページ

画像をクリックしていただくと拡大画像がご覧になれます。

上へ